挑戦

先週から、二つめの有期仕事を始めた。

今度は派遣。本業とは全く関係ない業務。

単純作業の繰り返しなので、業務中、時間が早く過ぎて行くのは良いのだが、朝早く家を出て工場地帯の作業場を出ると真っ暗なので、刑務所に通っている感もある。

一つめの有期アルバイトの作業中もそうだったのだが、

全く将来の明るい兆しの見えない中で単純作業を繰り返していると、第一線で能力を発揮している大学の同期のことばかり考えてしまう。

それがすごく辛い。

しかし、挑戦した結果が今なのだ。

何も挑戦せずに、あのままあの会社にい続けていたら、「結局何にも挑戦せずに仕事人生が終わってしまった。」という念に苛まれた、今よりもっと辛い精神状態だったはずだ。

今は今、今があるから未来がある。

そう信じて、未来のために資金を作り続けるしかない。

 

以上